ホームヘルパーのあれこれ

  1. ホームヘルパーの仕事の様子

ホームヘルパーのお仕事を見てみましょう!

ホームヘルパーさんは、常に利用者さん達のために働いている、とても豊富な専門知識を持った、すばらしいスキルをもった、介護サービスのプロの専門職であるものですが、
その仕事っぷりというか、どのような感じでお仕事をされているかご存知でしょうか?

・・実は私もよくは分からないものなのですが(汗
ちょっと調べてみたので、下記の方で、ちょっと見ていただくと良いかもしれませんよ!

ホームヘルパーさんの仕事の紹介

ホームヘルパーさんたちは、その多くは基本的には地域の社会福祉協議会や、役所などの自治体・病院や介護施設や、介護サービス専門会社や、NPO団体などが儲けている介護サービスを行う現場で働いています。
このホームヘルパーさんたちは、利用者それぞれの介護保険の範囲の中で動いています。
これがどういう事なのかというと、介護保険で、要介護認定をもらった人は、その介護認定のレベルに応じて、介護サービスが受けられることになっています。
その介護保険で認められた範囲内での介護サービスを行っていくのが、このホームヘルパーさんたちであり、介護福祉士や、その他の介護関係の資格を持ったプロフェッショナルたちなのです。

ホームヘルパーさんは、派遣されてきた利用者の家で行うことに、家事・下の世話・買い物の手伝い・あるいは代行・・などが含まれています。有料老人ホームなどの施設とは違い、お年寄りのお家でお世話を行います。寝たきりで体を動かすことが困難であったり、自宅では設備が足りないなどという場合には有料老人ホームでの介護が適してると言えます。高齢者の中には介護の必要度はそれほど高くないが、食事の準備や自宅と違って家の事をしなくてもいい、同世代の人たちと生活できるなどという理由で住宅型の有料老人ホームを利用する方もいるそうです。
これらの動作は。お年寄りや、障がいを負った人たちに関しては、もしかしたら自力では行えないものである可能性が高いため、ホームヘルパーさんが手伝うものとなっています。

そして、利用者の方や、その家族などの方々に向けた、技術支援などの項目も含まれています。これは、器材の使い方の相談や、毎日の介護についての質問など、さまざまな質問がぶつけられるでしょうが、それはお互いのコミュニケーションにもなるので、むしろ、分からないところがあるよりはマシなので、ドンドン意見を出し合うとよいでしょう。

ただ手伝ってくれるのならお手伝いさんを雇っても良いのでしょうが、
専門的な知識となると、やはりホームヘルパーさんの方が良いでしょう。

そのホームヘルパーさんは、毎日、顔もにこやかで、嫌がられてないかな?と、むしろこちらが思うくらいの、気持ちの良い仕事をしてくることでしょう。

注目サイト

Last update:2016/5/25