ホームヘルパーのあれこれ

  1. ホームヘルパーの範囲の仕事

ホームヘルパーは”お手伝いさん”ではありません

利用者の人々の生活の手助けをすることで、利用者にも感謝されることの多いホームヘルパーさん。
生活の身の回りの事をしてくれるとはいくらいっても、ホームヘルパーさんだからといって、手が出せないような事柄もあるのです。
ホームヘルパーさんは、基本的に限られた範囲の仕事しかできません、その前提で利用者宅へ来ているので、ホームヘルパーさんは、それ以外の仕事をすることはできません。

ホームヘルパーさんは”訪問介護士”という正式な名称を持っている、
れっきとした専門職のプロフェッショナルです。
”訪問介護士”は決してお手伝いさんのような幅広い仕事が出来るわけではありません。

このページでは、実際にありそうな例を取り上げながら、”訪問介護士”であるホームヘルパーさんに決められた範囲外の仕事をふってはいけないという例を出してみたいと思います。

”ご飯を作って欲しい”

ご飯を作って欲しいということ自体は、ホームヘルパーさんの仕事の範疇にあるものです。
ホームヘルパーさんは、介護保険や、その利用者との契約であったり、ケアプランなどの範囲の中で、そういったことが出来るようにはなっています。

ただし、”来客が来るからご馳走を作って欲しい”などの「お願い」は通じないものです。それは、立派にホームヘルパーさんの仕事の範疇外となってしまいます。

”掃除をして欲しい”

もちろん、掃除自体も、決められた範囲内での行為であれば、ホームヘルパーさんの仕事の一部となります。ところが、必要でない掃除・例えばホームヘルパーさんの仕事の範囲の外にある程度の大掃除などは、ホームヘルパーさんに迷惑をかけてしまうので、行わないようにしましょう。
そして極めつけがコチラ。

”介護に関係無いことをお願いしてくる”

介護に全く関係の無いお願いをしてしまうと、それは利用者には得なことにはなるのですが、ホームヘルパーさんにはものすごく迷惑になることです。
例えば、家の物の修理などは、どう考えても介護サービスの範疇にないですよね。

ホームヘルパーさんは、あくまで「介護サービス」を提供するために来ています。
それ以外の仕事を頼むことは、契約外ですので、お願いしたい気持ちは理解できますが、ホームヘルパーさんを困らせないために、そういったお願いは慎むようにしましょう。

recommend

スタインウェイ

スペイン 旅行

はちみつで作った梅干し

最終更新日:2017/11/30